ワインメイン

ワイン買取

アプレリカーならどんなワインも買取らせていただきます。
未開封のものなら買取OK!ぜひお問合せください。

ワイン買取メーカー例

ロマネコンティ・ラターシュ・ペトリュス・エシェゾー・グランエシェゾー・シャンベルタン・モンラッシェ・シャトーオーブリオン・シャトーラフィットロートシルト・シャトーマルゴー・シャトーディケム・ルパン・シャトーダルマイヤック・マッセート・サッシカイア・オーパスワン・スクリーミングイーグルなど。

ワインとは?

ブドウを発酵させて作る果実酒。ブドウの種類によって、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインの3種類が作られる。

・赤ワイン
ワインの代表的な存在。世界中で多種多様な赤・黒ブドウ品種から作られる。最も有名な品種にはカベルネ・ソーヴィニヨンがある。
果実をそのままつぶすため皮に含まれるタンニン・色素が豊富に含まれる。タンニンが多く含まれることで長期保存が可能である。

・白ワイン
シャルドネなどの白ブドウから作られる。セミヨンなどの貴腐ブドウ(生育中に菌がついて干しぶどうのようになり、水分が蒸発し糖が高まる現象)から作られたものは貴腐ワインと呼ばれ非常に甘口のワインとなる。果実をつぶした後、果汁のみを使用して作られる。

・ロゼワイン
白ワインのように果皮を使わないで赤ワインを作る場合や、赤と白を混ぜるなど様々な製造法がある。赤ワインと白ワイン両方の良さを兼ね備えており料理に合わせやすい。

ワインは歴史が古く紀元前から飲用されてきた。
原料となるブドウ作りは土壌・気候・気温・全てが作用するため、生育に適した土地を探してワイン製造者は苦心してきた。
どれだけよい土地であっても出来不出来はその年の天候に左右される。例えば、雨が多い年はブドウが生育せず、日照りが多い年は育ちすぎて糖分が高くなり過ぎてしまうのである。適度な雨量と湿潤な天気がワインのブドウ作りに適しているが、生育はとても繊細である。

ワインは瓶に詰めた後も酵素と微量の酸素で熟成される。よって天候に恵まれ「当たり年」と呼ばれる年に作られたワインはヴィンテージになればなるほど希少価値も相まって価格が高騰する。当たり年でないワインを飲んだ印象で悪いイメージを持っていても、当たり年のワインに出会うと全く別物のイメージを持つほどになり、熟成の進んだものはより一層となる。

ヨーロッパを中心にワインは作られるが、アメリカ・カナダ・アルゼンチン・チリなどでも生産され、これらはニューワールドと呼ばれる。中でもアメリカ・カリフォルニアではフランスワインに負けない品質を目指し、適した土地、同じ品種のブドウを用いて高いクオリティのワインを生産している。ソムリエがロマネコンティと区別が付かなかった逸話のある「カレラ・ジェンセン」や、カリフォルニアワインメーカー重鎮、ロバート・モンダヴィとシャトー・ムートン・ロスチャイルド所有のバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドhttp://apre-liquor.com/”>お酒買取、ワイン買取ならアプレリカー

【関連記事】