ブランデーメイン

ブランデー買取

アプレリカーならどんなブランデーでも買取らせていただきます。
古くてもボロボロでも未開封のものなら買取OK!ぜひお問合せください。

ブランデー買取メーカー例

レミーマルタン(REMY MARTIN) カミュ(Camus) ヘネシー(Hennessy) クルボアジェ(COURVOISIER) ラーセン・ヴァイキング・シップ(LARSEN VI) ゴーティエ(GAUTIER) マーテル(MARTELL) ミュコー(Meukow) サンペ(SEMPE) レオポルド グルメル(LEOPOLD GOURMEL)  ジャンフィユー(JEAN FILLIOUX) フラパン(PFRAPIN) ポールジロー(PAUL GIRAUD) バローズ(BARROWS) フラパン(PFRAPIN) カステルフォール(CASTELFORT) シャボー(CHABOT) クールドリヨン(COEUR DE LION) ルモルトン(LEMORTON) ペイラ(PEILA) ロジェ・グルー (ROGER GROULT) デュポン(DUPONT) マール(MARC) ロジェ・グルー (ROGER GROULT) フランシスダローズ (FRANCIS DARROZE) グラッパ(GRAPPA) インカ ピスコ(INCA PISCO)など。

ブランデーとは?

主にブドウを原料に醸造し、それを蒸留し、多くは樽で熟成させたもの。様々な果物によっても製造され、果実酒を蒸留したもの全般をブランデーと呼ばれる。ブドウ以外にはチェリー・アップル・ナシ・カシスなどが存在する。ウイスキーは穀物から製造されるがブランデーは果物から製造されるため、フルーツの香りを残している。

ブランデーの歴史は古く、7・8世紀には存在していたとされる。有名なブランデーはフランスの「コニャック」と「アルマニャック」があり共に地名から分類されたものである。宮廷・王族に愛され製法が発展。法律により厳しい取り決めがあり、フランス産であっても別地域であればコニャック・アルマニャックは名乗れない。

樽熟成前はウイスキー原酒と同じで無色透明。樽の熟成により香味と深い味わいが生まれる。

瓶に表示されている「VO」「VSOP」「XO」「ナポレオン」「エクストラ」とは等級を表す。
「VO」はVery Old(とても古い)
「VSO」はVery Superior Old (とても優れて古い)
「VSOP」はVery Superior Old Pale(とても優れて古く澄んでいる)

「XO」「ナポレオン」「エクストラ」はメーカーにより基準が異なるが最高級クラスのもの。
XOが最高級とされるメーカーと、ナポレオンが最高級とされるメーカーがそれぞれバラバラに存在するため、一様にどれが最高級品かは決めることはできない。ナポレオンと名乗っていてもメーカーによって価格が数段に違う場合がある。

飲み方は主にストレートが良しとされ、グラスに入れ、ゆっくり回しながら手の温度で温めると香りが立つとされるが、決して決まりではない。氷を入れたオンザロックやソーダ割り、コーヒー・紅茶に数滴入れたり、カクテルにも使われる。

料理では、洋菓子や肉料理に用いられ、ブランデー特有の華やかな香りと風味が料理に一層ふくらみを与える。
また熟成した酒であるため、旨みを増すことにも役立ち、優れた調味料といえる。

他にもポルトガルのワインのポートワインに用いられる。ワインの熟成をアルコールの強いブランデーが入ることで止めることができ、長期保存が可能となる。よって封を開けても劣化が少なく、そのままの状態で長く飲用することができる。ブランデーを加えることで特有の香り付けともなり、ポートワインならではの独特な香りが魅力となる。

お酒買取、ブランデー買取ならアプレリカー

【関連記事】